えっ?査定料?ディーラーは下取車査定料・諸経費用がかかります!

新車を購入するため、値引きの見積をお願いしました。しかし自動車の査定料金として7000円ほどかかると言われてびっくりしています。これは普通のことなのでしょうか?
回答:基本、ディーラーは下取車の査定料金を請求します。その理由を詳しく解説していきますね。

下取りの査定額に驚く少女

「昔から自動車を下取りに出せば、徴収されるのが常識でしょう?」

そうした声の方が正直多いと思います。

理由は”昔からの習慣”ですが、ディーラーは新車販売が主のため、自動車の下取りはあくまでもサービスの一つです。
そのため、その査定担当の人件費がかかる・・・というが主な理由でしょう。

費用の内訳

【自動車の査定料金】

私の知る限りでは7000円~10000円あたりが一般的な相場です。

「あれ? まだ新車を買うかわからないのに、費用がかかるの?」

と思われがちですが、”自動車を購入する”ことが条件のため、請求はされません。

(※見積書は渡されます)

【自動車の諸経費用】

まずローンが残っている車(※名義が他人)をディーラーに名義変更をするための費用が8000円~12000円ほどかかります。
※自分名義の場合はかかりません。

また、事故車が水没車、多走行車などボロボロ状態の自動車を引き渡す際に、廃車費用を請求される場合があります。
(※下取り額が0円でも)

交渉次第で値引きやまるごとカットも?

「新車の値引きまでしてもらって、査定費用も・・・ちょっと気が引けるな」

と感じるかもしれませんが、最近は買取店の無料査定に対抗をして、最初から全額もしくは一部をサービスしてくれる会社もあります。

ただ、こうした煩わしさに抵抗があり、余計な費用を支払いたくない・・・という方はやはり「買取専門店」へ自動車を売るべきです。

  • 査定料無料
  • ローンがあっても代わりに処理手続きをしてくれる
  • 下取りよりも高額で売ることができる

となれば、利用しない理由はありません。

ここで「ディーラー担当者との付き合いがね・・・」と人間関係を重視しているため、言いづらければ「親戚に譲る予定」などと言って
下取りなしの新車見積書をもらうことをオススメします。

>>自動車売る【※下取りよりも30万円高く売った私の体験談】へ戻る

サブコンテンツ

このページの先頭へ