新古車と中古車の”違い”なんてほぼありません!

新古車は中古車

新古車と中古車の違いがよくわかりません
新古車と中古車は、どちらも”中古自動車”です。

その理由を詳しく解説していきます。

理由を解説する前に、以下の分類を見てください。

新車

新車はナンバー未登録で、まっさらな状態の自動車です。

お客さん(※買い手)が決まるとナンバー登録がされ、ユーザーの手に届くときは厳密には中古車になります。(※気分は新車ですが・・・)

ちなみに、ナンバー登録せずにショールームなどで何年も展示していた場合でも”新車”となります。

中古車

中古車はナンバー登録済みの自動車です。

一般的に、中古自動車屋さんに売っている車のことですね。

ただ、中古車の中でもちょっと細かく分類されます。

未使用車(※新古車)

新古車はナンバー登録済みで、数キロ~100キロ程度走行した車です。
つまり、“距離が短い自動車”のことです。

たとえ走行距離が0キロだとしてもナンバーを登録すれば中古車として扱われます。

メリットとしては距離が少なく、新車のような状態で安く買うことができます。

しかし、新古車という名前は大変厄介で、新車に近い中古車という曖昧な立ち居地を表す言葉として作られた業界用語です。

そのため、ユーザーが勘違いをして購入してしまうことがあり、自動車公正取引協議会は、景品表示法の違反となるため、ユーザーを惑わす言葉として広告などに乗せないように注意を促しています。

実際に、営業マンが新車と見せかけて、実際は新古車を同じ値段で販売したトラブル事例が国民生活センターで紹介されています。

新車の購入も検討していたが、程度がよければ中古車でもよいと思い、中古車販売店へ出掛けた。展示車を見ていたら、「めったに出ない“新古車”があります。絶対に買い得です」と営業員に声を掛けられた。走行キロ数が確かにわずかだったことと、営業員の説明があたかも新車であると思わせるようなものであったことから、思わずその場で契約してしまった。しかし、後で調べてみると、新古車は一度登録された車で新車ではないし、本当の新車を購入する場合と比較しても、値引き分を考慮すると諸費用も含めた購入金額はほとんど違いがないことが分かった。ほぼ同じ購入金額で本当の新車に乗れるのであれば、新古車の契約は解約したい。

(20歳代 男性 給与生活者)

参照元:国民生活センターホームページ「新車と思わせるセールストークで契約した登録済み未使用車(いわゆる「新古車」)」より

以上のようなトラブル事例もありますが、一般的には新車よりも安く買えることが多く、実際にはディーラーとの話でオフレコででてくる言葉です。

状態のよい順番に並べると・・・

新車 > 未使用車(※新古車) > 中古車

となります。

まとめ

以上、話をまとめると新車以外は「すべて中古車扱い」ということです。

ただ、ここで新たな疑問がでてきます。

「そもそもどうして新古車になったのか?」ということです。

それについては、また、次回詳しくご紹介します。

>>どうして新古車になったのか? その理由は?

サブコンテンツ

このページの先頭へ