車売却後のキャンセルは違約金がかかる?! ですが・・・

車買取キャンセルは違約金

車の査定額に納得して売却の契約を交わしました。
ですが、急遽車が必要になりキャンセルをしたいのですが可能でしょうか?
ケースによりますが、違約金を支払えばキャンセルできる場合があります。


自動車の売買契約をキャンセル! は通じる?

「やっぱり、車売るのをやめた!」

査定額に納得し、自動車の売買契約を済ませ、あとは買取業者へ引渡すだけ・・・

しかし、諸事情でキャンセルせざるをえないケースがあります。
(※家族の反対、やっぱり見積額に納得できない、急に車が必要になったなど)

「金銭のやり取りも発生していないし、車は引き渡していないから大丈夫でしょ?」

と、気軽に考えている人もいると思いますが、契約書にサインをした時点で自動車を引き渡す義務が発生します。

また、自動車売買契約には、中古車・新車問わずクーリングオフが発生しません。

そのため、どうしてキャンセルしたい場合は違約金を支払う必要があります。

売買契約書を取り交わす際に、担当者から口頭で必ず説明されるため、あなたから一方的にキャンセルをした場合は違約金を支払う必要があります。

違約金がかからない店舗もある?

日本自動車流通研究所(JADRI)に加盟している業者の場合は、契約後「即、キャンセルの場合」は違約金がかかりません。

そうしたことを知っていた上で「キャンセル可能は当然だよね!」というのはあまりよくありません。

ですが、愛車を引き渡してしまったり、買い手がついてしまった場合はお店の損害額が大きいためそれに応じた違約金(※もしくは経費など)が発生します。

例:オークション会場に車両の陸送が済んだ段階、エンドユーザーと直接契約を結んでしまった場合など

また、JADRIに加盟していない業者でも、事情をよく話せば違約金を請求されない業者も存在します。

心配な場合は、売る前に担当に直接聞いてみる

少しでも不安な点(例:奥さんに怒られるかも・・・)があるようなら、事情を説明し、もし契約自体を取りやめた場合どうなるのか直接質問をしましょう。

また、契約する際は必ず買取契約書の条件をよく読むことをおすすめします。

例:引渡し日の翌日までは一切の負担なく契約を解除できる・・など

まとめ

こうした解約金が発生する恐れがあうようなトラブルの元凶は”確認不足”
です。

  1. 本当に車を手放していいのか?
  2. 「車を売る!」と家族に相談済みか?
  3. 売却額には納得しているか?

など、愛車の売却前に「本当に大丈夫なのか?」よく確認してから契約書にサインすることをオススメします。

▼JADRI加盟店のみへの愛車の見積依頼はこちら↓▼

※自動車の査定料・出張料などはすべて無料ですのでご安心を!

サブコンテンツ

このページの先頭へ