キズや凹みは査定前に修理した方がいい?

キズや凹みに悩む人

愛車を売却する予定ですが、査定額UPのために、キズや凹みを修理した方がいいでしょうか?


修理する必要はありません。
キズやヘコミはマイナス査定になります、修理代金の方が高くつく恐れがあるからです。

高く売れないかも・・・という不安な気持ちから

「自動車の査定前に、傷や凹みを修理しておいたほうがいいかも?」

これから買取専門店へ査定に出す前に、少しでも印象をupのためパンバーをこすったキズや、不注意でぶつけてできた凹みを修理したした方がいいかもしれない・・・

そこであなたは、板金工場へ修理依頼をするつもりなのかもしれません。

答えを先に言うと、「マイナス査定で引かれた金額」よりも「修理代」の方が高くつきます。

例えばバンパーをこすったりした場合、車種やキズの大きさ・ボディー色にもよりますが、修理代は3万円~10万円程度です。

仮に修理代が5万円で、マイナス査定が4万円だとすれば、1万円も損をします。

そのため、気にせずにそのまま愛車を見てもらうことをオススメします。

※ちなみに、中古車の買取専門店は修理工場を自前で持っているため、修理コストをかなり抑えることが可能です。

「もし自動車査定額がめちゃくちゃ悪かったらどうする?」

キズや凹みが原因で、想定外の買取額を提示されたら一旦保留をして、修理工場へ見積依頼をして比較しましょう。

一括査定はキャンセルしたとしても無料ですし、費用についてはご安心を。

また、思い切って査定士さんに事情を話せば、すこし買取額をアップしてくれるかもしれませせん。

小さなスリ傷は?

「擦りキズは印象UPのために、自分で直したほうがいい?」

市販のコンパウンドで磨いたり、傷消しペンを使えばちょっとした擦り傷程度でしたら綺麗になります。

しかし、1センチ未満の小さなキズ評価の対象外のため直す必要はありません。

また、コンパウンドを使ったことがない初心者が下手に手を出すと、白い汚れが残ったり、そこだけ浮いて見えるしまうため、オススメできません。

※キズが一箇所に集中している場合は、1センチ未満でもマイナス査定になるケースがあります。

やはり、愛車に何も手を加えず、そのまま査定に出すことがベストといえるでしょう。

▼愛車の最高見積額を調べたい方はこちら↓▼

サブコンテンツ

このページの先頭へ