ローンが残っている車でも売れます!【※残債ありOK】

ローンに悩む人

自動車ローンが残っていいても売れる?

「今乗っている自動車のローン(残債)があるけれど、それでも売れますか?」


売れます。

一般的に所有権がディーラーや他ローン会社など他人の場合は、不可能です。

しかし、買取専門店によっては売却額からローンの残債を一括返納してくれるサービスを提供しており、所有権が自分になくとも相談する価値はあります。



まず当然のことですが、現金一括で自動車を購入をすれば所有権は”あなた名義”となります。

しかし、自動車は何百万という大金が必要になるため大半の人はローンを組むと思います。

愛車のローンを組めば、所有権はディーラー・信販会社などになるため、当然ながら他人のものを勝手に売ることはことはできません。

  • 所有者・・・オーナー
  • 使用者・・・実際に使っている人

※車検証に所有者と使用者について記載されています。

自動車ローンを完済して、所有権を解除することで晴れて車を売ることができるわけです。

「なんだ、じゃあ、ローンがあるとやっぱり無理なの?」

とあなたはがっかりするかもしれませんが、ご安心を!

大手買取専門店のローン完済サービスを利用する

CMでお馴染みの大手買取専門店(例:ガリバーやアップルなど)は自動車の売却額からローン残債を返済するサービスを提供しています。

つまり、あなたが受け取りべき代金を、代わりにローン会社へ支払ってくれるというわけです。

例えを3つ出すと・・

パターン1:利益あり

【売却額:120万円】-【ローン残債100万円】=20万円の利益

パターン2:利益なし(※自己負担できる)

【売却額:100万円】-【ローン残債120万円】=-20万円の負担

20万円分足りないため、それを現金で一括して支払うことで自動車の所有権を解除できます。

パターン3:利益なし(※自己負担できない)

【売却額:100万円】-【ローン残債200万円】=-100万円の負担

「新車に乗り換えたいんだけど、パターン3のローン残債が多額の場合は?」

③の例で、負担があまりにも大きく一度で返済できない場合は、残債とお目当ての新車、両方を含めたローンを組むことも可能です。

※新車ローン300万円+残債100万円=400万円など

「なるほど!」と思うかもしれませんが、この手法を何度も実行すると、負債がどんどん膨れ上がってくるため、あまりオススメできません。

所有権解除は買取店へまかせましょう

<所有権解除を依頼するための書類>

  • 自動車検査証(車検証)
  • 自動車税納税証明書
  • 印鑑証明書
  • 委任状(※買取店が用意)
  • 実印

を用意すれば、あとはお店が代行で手続きをしてくれます。

代行にかかる費用はお店によって料金設定が違うため、査定時に相談することをオススメします。

ですが、対応してくれる買取店は探しは面倒なので、無料一括見積サービスを利用して、効率のよい業者探しをしましょう。

▼ローンの残債があっても売却できるサービスはこちら▼

サブコンテンツ

このページの先頭へ