自動車の名義変更に必要な5つの書類は?

書類名義変更

自動車の名義変更に必要な書類

愛車の査定額に納得し、あとは売るだけ・・・

となると、自動車の名義を買取専門店に変更しなければなりません。
(※正式名称を移転登録といいます)

他にもいろいろと手続きがあるため、正直面倒な部分があります。

「手続きは自分でやった方が安上がりでしょ?」

と思うかもしれませんが、名義変更は書類の数が多く、初めてだと不安なことばかりかと思います。

そのため、買取店に任せたほうが手間がかかりません。
(※別途、買取店への手続き代行費用はかかります)

≪自動車を売るのに必要な書類や費用≫

  • 譲渡証明書
  • 印鑑証明書(自分と買取店)
  • 委任状(自分と買取店)
  • 車検証
  • 車庫証明(※業者側の):普通自動車 2600円 軽自動車 500円

 
などが必要です。(※地域によって、準備する書類や費用に差はあります)

自動車関係の書類は、平日しか受付をしていない陸運支局で発行手続きをする必要ががあります。

土日祝休みで働いているサラリーマンの方は、家族に代理を依頼したり、半休をとって手続きを自分ですることもできます。

しかし、時間と手間を考えると中古車の売買取引のプロにすべて任せることをオススメします。

※代行料金8000円~12000円程度(無料の場合も一部店舗あり)

自動車の名義変更をしないとどうなる?

買取店ではそうしたことはありせんが、個人相手に売る、とくにヤフーオークション経由で発生します。

>>ヤフオクよりも安全に車を売る方法とは?【※トラブル回避】

でもご紹介しましたが、愛車を引き渡してから15日以内に名義変更手続きをぜす、相手がしらばっくれたたまま放置をすることがあります。

たとえば、自動税は4月1日に所有していたオーナーに対して請求がいくため、新車を別途購入した場合は2台分の請求ができます。

また、譲渡した相手が交通違反(※オービスや当て逃げなど)をした場合、警察から持ち主であるあなたに連絡がきてしまいます。

もちろん、買取店ではそうしたトラブルは起きないため、安心して売却ができますので、ご安心を!

>>下取りよりも30万円高く売った私の体験談へ

サブコンテンツ

このページの先頭へ