車検証を紛失した場合はどうすればいい?

車検証を無くした男性

車検証は車売却時に必要です

正式には「自動車検査証」といい、国土交通省が定める検査をパスした際に交付される書類です。

この証明書がない状態で公道を走ると交通違反になりますし、車を処分(※下取りや売却など)はできません。、

<無車検運転の罰則>

「違反点数6点」 「6ヶ月以下のの懲役又は30万円以下の罰金」

無車検ですと、自賠責保険も切れるケースがほとんどです。

そうするとプラスして、「違反点数6点」、罰則は「1年以下の懲役又は50万円以下の罰金」となります。

もちろん一発免許停になり、おまけに前科がつくためかなりの注意が必要です。

期間切れではなく、紛失した場合は?

「車検証がどっかにいってしまった・・・」

といった場合でも自動車の運転は禁止です。

「あれ? 期限切れの場合だけでしょ?」

と疑問に思うかもしれませんが、車検証不備のまま走行すると30万円以下の罰金になります。
(※自動車の免許証を持っていなければ、免許証不携帯で罰金3000円が取られるのと同じようなものです)

汚してしまった場合

洗濯機へ間違って入れた・・・とういったことはないと思いますが^^;

子供がいたずらをして飲み物をこぼした、もしくはビリッを破ってしまった場合はどうなるのか?

判別不能なくらい読めない場合は、再発行が必要です。
また、破いてしまった場合は、次回の車検まで仮止め(※テープ)をしておきましょう。

車検証の再発行はどこで?

  1. 普通乗用車は陸運局
  2. 軽自動車は、軽自動車検査協会

紛失した場合、上記の場所で再発行手続きを行います。

なお、陸運局は平日しか営業していません。

  1. 土日しか休みがとれない
  2. 手続きのやり方がイマイチわからない、自信がない
  3. とにかく面倒

といった場合は、代理人(買取店や友人、家族、行政書士の先生など)にお願いするか、仕事を半休していくしかありません。



≪再発行の手続き≫

①手数料納付書や申請書などを記載

②印紙販売窓口で、再交付申請手数料分の印紙(300円)を購入

③窓口に書類し、車検証の交付



申請から約1時間~1.5時間程度で新しい車検証が交付されます。

費用は再交付印紙代金300円と申請書代100円で合計400円ほどです。
(※地域により多少違う)

別途、買取店に代行依頼をすると費用が8000円~12000円かかるため、家族や友人にお願いしたほうが安く済みます。

車検証を再発行したけど、そろそろ期限が切れそう

せっかく再発行した車検証ですが、「あと1ヶ月で切れる・・・」
と車検切れ間近の人もいらっしゃると思います。

「車検が切れたら車を売ることができなくなるの?」
という疑問があるため、それについては次の記事で解説をします。

>>車検が切れても自動車を売ることができるの?!

サブコンテンツ

このページの先頭へ