中古車買取店は大手?中小?どちらが有利なの?

買取店選びに悩む人

大手買取店といえば代表的なガリバー、そしてアップル、カーチス、カーセブン、ラビット、ハナテンなど。

中小買取店は住まいによって変わるため名前はわかりませんが、こじんまりした地元密着の買取店が多く見受けらます。

「自動車を売るならやっぱり大手のほうが高くなるんでしょ?」

私も最初はそう思いましたが、一概には言えないません。

この記事では、「大手に売るか売らないか?」と迷っているあなたのためにできるだけわかりやすく解説をいたします。

大手はオークション会場で優遇されています

ディーラーでの下取り、町の小さなお店からCMでお馴染みの大手買取専門店まで、自動車のオーナーから引き取った車は一部を除いて「オートオークション※」に出品されます。

※中古車の築地市場のような場所で、1日何百台もの車を取引しているオークション会場です。

その会場へ自動車の出品料を支払って参加するわけですが・・・当然ながら出品する台数が多い大手買取店のほうが圧倒的に有利なわけです。

主催者は主に出品料で設けているわけですから、出品台数が多い業者を当然優遇します。
(※オークションへの出品料を安くするなど)

大手はその浮いた経費を、あなたの愛車の買取額に上乗せできるというわけです。

えっ? 自動車を売るならやっぱり大手がいい?

とはいえ、大手買取店は店舗維持のための莫大な経費(※店舗の家賃、人件費、水道光熱費・・など)がかかるため、当然、利益をお客さんに還元してばかりでは経営が成り立ちません。

逆に地元密着で行っている店舗は店構えも小さく、人件費も大手と比較すれば微々たるものです。

また、最悪自分たちの食い扶持さえ確保できれば、儲けを削って他店との競争に参加する会社も実在します。

独自の販売ルート・支払い方法

たとえば、古くて誰も引きっとてくれないボロボロな自動車を、海外へ輸出することだけに特化したり、オークションを通さず直接エンドユーザーへ売ることで中間マージンをカットする、といった独自の戦略をとるお店もあります。
(※ランチェスターの法則に似ていますね)

また、売買契約後に愛車を引き渡したあと、7~10日後にあなたの指定口座へ入金されるのが”業界の常識”ですが、地場の業者さんでしたら、引渡時に即金で支払ってくれる会社もあります。

>>たった60秒で即金買取をしている業者の見つける方法

信頼できるのは大手?

「小さな店舗だと、夜逃げされたら困る」

と信頼性に不安を感じるかもしれません。

確かにその点で言えば、大手の看板のほうが信頼性がダントツで高いでしょう。

ですが、大手でも中には強引に即決を迫ってくる会社もありますし、いい加減な対応をする査定士も”ごく一部”存在します。

見極めるためには、実際に一括査定で複数の業者さんから見積をもらい、応対がきちんとしているのかあなたの目で判断するしかありません。

私が実際に買取店へ愛車を売った経験があるため、そちらを参考にしていただけると幸いです。

>>自動車売る【※下取りよりも高く売るたった1つの方法】へ戻る

サブコンテンツ

このページの先頭へ