軽自動車税 の増税は2015年4月から! 新車購入は急ぐべき?

軽自動車の税金アップ

「そろそろ新しい軽自動車を購入しようかな?」

と考えている人は愛車を売却して、新車を3月末までに購入するべきでしょうか?

結論を言うと”新車なら”購入
をオススメします。

では、その理由について詳しく解説していきますね。

意外と知らない? えっ?中古車は対象外?

2015年4月から今まで7200円だった軽自動車の税金が「10800円」と3600円アップします。

「たいしたことないじゃない!」
「いや、ちょっと困るわ」

と人それぞれ捉え方があるでしょうが、ここよくある勘違いを1つご紹介します。

今回の増税適用車は「2015年4月以降に購入した新車」となります。

「えっ? 中古車はOKなの?」

と意外とこの事実を知らない人が多いようです。

そのため、中古車や新古車(※実際は中古車)を購入する場合は、特にあせる必要がないと言えます。

(※ナンバー登録が2015年4月以前のため)

同時に古い中古車は重量税が・・

軽自動車の増税と同時に「13年経過した中古車は重量税アップ」となります。
理由は単純で、古い車=燃費が悪くエコでない=早く廃車になってほしい、といった国土交通省や環境省の思惑なのかもしれません。

>>13年落ちの車買取は重量税アップの前に!

ハッキリと「古くて、ボロボロの軽自動車は廃車にしろ!」とは言えませんから・・・

あなたが軽自動車を乗っている場合、還付金はなし

「たった3600円だし、5月くらいでいっかな?」

と思いがちですが、軽自動車の売却する際、月割りで還付される制度がなく、10800円を丸ごと支払うハメになります。

これにプラスして新車の自動車税もかかるわけですから、二重の負担になります。

購入・売却のタイミング

軽自動車税は4月1日現在の所有者に対して、その年度の1年分が課税されます。

「ギリギリでも大丈夫でしょ?」となりがちですが、購入の場合はナンバー登録のタイミングが、売却の名義は変更の手続きが不備なので遅れてしまうと、4月になってしまう恐れがあります。

そのため、もし乗り換えや売却を本気で検討しているのであれば、早めの手続きをオススメします。

>>今すぐ愛車の最高額額を知りたいのならこちらへ!




【豆知識コラム】軽自動車のメリットとデメリット

<メリット>

■小回りがきく

都会の路地裏など道幅が狭いほど通行しやすく、また小回りがききやすいため、女性に向いている

■高速道路通行料が安い(普通車の約80%)

■重量税が安い

1300ccクラスの普通乗用車は34500円に対して、8800と約4倍以上と格安。

■人気があり高く売れる

少子高齢化、原油高の影響かここ10年で人気が急上昇中。

そのため、売却時期に高額で買い取ってくれるケースが多い。

<デメリット>

■耐久性に乏しい

正面衝突などをされたら、一発でアウト。
作りが軽いため、安全面にも乏しい

■遠出に向かない
特に山などアップダウンが激しい場所はパワーが必要舐め、非力の軽自動車には向いていない。

サブコンテンツ

このページの先頭へ