カーエアコンが故障・・・車の買取はそれでも可能なの?

カーエアコン

Q:愛車のエアコンが故障し、修理代が高くつきそうです・・それでも買い取ってくれるお店はありますか?

A:マイナス評価にはなりますが、買取は可能です。



「最近、エアコンの調子が悪いな・・・」

夏場のまぶしい日差しに蒸しあがった車内を冷やそうと思ったら、風がでないし、全然冷えない・・・

どうやら、エアコンが故障してしまったようだ・・・

「こんな状態じゃ、売れないよな・・・」
とあなたはあきらめようとしているのかもしれません。

まず、故障の原因は大きく分けて2つあり、”エアコンガス不足”か”コンプレッサーの異常”です。

ちなみに私は昔、従兄弟のボロボロのカローラに乗せてもらったとき、「コンプレッサーが故障しているから、悪いけれど我慢して」と1時間以上汗だくで耐えた記憶があります(汗)

修理費用は車種にもよりますが、エアコンガスの補充で1~3万円以上、コンプレッサー(圧縮機)やエクスパンションバルブ(膨張弁)に異常が見つかったら15万円以上かかるケースもあります。

※コンプレッサーも中古品などを利用することで、価格を抑えることが可能です。

とはいえ、自動車の査定額を判断する大きな要素は「車種・年式・走行距離」です。

つまり、他に致命的な欠陥がなく、普通に走ることができれば問題なく売れますよ。

修理をしてから査定に出したほうがいい?

「やっぱり修理に出してから、査定依頼したほうがいいのかな?」

とあなたは思うかもしれません。

結果から言うと、マイナス評価よりも修理代のほうが高くついてしまう可能性がありますのでオススメできません。

こうした不具合がある車を査定士さんは何百台以上も見てきていますし、自社で修理をした方が安くすむため、気にせずそのまま見積依頼をしてみてください。

また、買取専門店の中にはこうした電装品トラブル修理に強い買取店もあるため、インターネットのオンライン一括査定で複数店から無料見積もりをもらって、判断をすることをおすすめします。

※「思った以上に査定額が安かった」場合は、無理して売却をする必要はありません(※完全無料のためご安心を)

>>まずはオンライン一括査定で愛車の見積額を調べてみる



【マメ知識:カーエアコンの寿命は?】

車に乗る頻度、距離、地域によりますが、コンプレッサーさえしっかり動いていれば、ガス補充をマメにすることで10年以上は持ちます。

また、「夏はよく冷房をつけるけれど、冬は一度も使わない」といった方は注意が必要です。
ガソリンの消費を気にして、冬場は我慢する人がいますが、週2回くらいはオンにしてください。

※知り合いの整備士に聞いた話です。使っていないと壊れやすくなるようですね。

サブコンテンツ

このページの先頭へ