危険!? 対人賠償保険は大阪府で82%・沖縄県で52%!

自動車任意保険加入率

ドライバーが自動車や原付自転車を運転するにあたって、自賠責保険(共済)は必ず加入しなければいけません。

国土交通省の公式ホームページでも案内しており、補償額は最高3000万円(対人)、それ以上になった場合、自己負担となり、被害者でなく、ドライバー、そしてその家族まで迷惑が及ぶ恐れがあります。

「もし、加害者に弁済能力がない場合はどうなるの?」

3000万円を超えた分は、国が加害者の代わりに被害者へ賠償金を支払ってくれます。

もちろんその費用は税金のため、最終的には加害者へ請求をします。
(※支払うお金がない場合は、土地や建物、給与などを差し押さえられます)

ちなみに、普通乗用車で36ヶ月契約で約37000円、月額に換算すればたった約1000円弱程度と格安です。

未加入ですと自動車損害賠償保障法に基づき1年以下の懲役または50万円以下の罰金となります。

未加入がいかにリスクが高いのか答えは明白ですよね?

「もし、自賠責保険の証明書をうっかり忘れたり、なくしてしまった場合はどうなるの?」

と疑問に思う人が多いようです。

車内(※ダッシュボード内など)に車検証明書と一緒に携帯義務があり、不携帯は30万円以下の罰金が科せられます。

無制限コースが当然の対人保険

とはいえ、3000万円補償額はすぐに超えてしまうような事例が多発しているため、それ以上は自己負担・・・
となりますが、それをカバーするのが任意保険というものです。
(※ソニー生命・アクサダイレクト・チューリッヒ、三井ダイレクト・そんぽ24・富士火災など)

各社ともにさまざまなサービスや特約などありますが、共通している点は「対人に対しては無制限に補償コースがある」ということです。

かなり安心できますよね?

ですが、驚くべき数値が・・・

日本損害保険協会「自動車保険 都道府県別加入率」の資料によると全国平均はたった70%!

つまり残し約30%のドライバーは未加入のまま公道を走っているため、かなり怖いですね。

ちなみに、都道府県別の最高・最低値を見ると「大阪府で82%・沖縄県で52%」と30ポイント以上の差があるのはなぜでしょうか?

私は沖縄旅行に行ったことがあり、まさか2台に1台は任意未加入の自動車が街中でブンブン走っているとは・・・

事実を知って驚きましたよ。

個人的な意見ですが、法改正をして対人保険だけでも強制加入にしてもらいたいものですね。

※ちなみに沖縄県は生命保険も同様に加入者が少ないようで、平均寿命が高いため、「私たちは大丈夫!」と自信満々なのか?

もしくは沖縄の経済問題が影響しているのか(1972年度から2008年度まで全国最下位)わかりませんが、少しずつでも自動車の任意保険への加入数が増えることを期待します。

自動車売る【※下取りよりも高く売るたった1つの方法】へ戻る

サブコンテンツ

このページの先頭へ